ラミネーターの選び方(その2)

 これだけプリンターの品質がよくなると、写真や、カレンダーを作ったり、葉書を作ったり、書類を出力するなどご家庭でも多くなると思います。そのため、ラミネートする機会も増えるのではないでしょうか。
ラミネートはする事により、インクジェット出力の弱点である耐候性や耐水性を劇的に向上させる事ができます。インクジェットプリンターを買ったら、ラミネーターも必需ですよね。また、用途によって出力した紙をラミネートするととてもいい仕上がりになるし、特に文字などはくっきりと見やすくなりグレードアップします。しかし、いざラミネートを行おうと思っても、「ラミネーター」がなければ加工する事ができません。だからと言って、実際ラミネートする場合、どんなラミネーターを購入すればいいのか分からないものですよね。そこで、ラミネーター選びのポイントをいくつかまとめてみました。

・仕上がり

 ラミネート市場で販売しているラミネーターはどれも綺麗に加工ができ、「濡れない・破れない・汚れない」というラミネートの特性を活かす通常の利用では全く心配ありません。しかし、ラミネーターの構造により、加工仕上がりに若干差があるので、用途によってお選び頂ければと、より綺麗な加工が可能になると思います。ラミネート市場のラミネーターには2本ローラー、4本ローラー、6本ローラーの3タイプがあり、ローラーの本数が多いと、仕上がりも綺麗になります。下記にそれぞれの構造と特徴をまとめましたので、参考にしてください。

■2本ローラー(仕上がり度:普通)
ヒートローラーのみで加熱・圧着・フィルム送りを同時に行いますので、やや安定性に欠け、カードサイズでは反りはあまり目立ちませんが、A4・A3など大きなサイズを加工するとフィルムが反り気味になります。ラミネートの「濡れない、破れない、汚れない」という特性は十分に得ることは可能です。

■4本ローラー(仕上がり度:普通)
フィルムをヒートローラーで加熱し、プルローラーで引っ張りながら圧着するのが特徴です。反りが抑えられ、きれいに仕上がる上に、価格と仕上がりのバランスがよく、パーソナル利用でもある程度仕上がりにこだわる方にはおススメのラミネーターです。

■6本ローラー(仕上がり度:普通)
4本のヒートローラーで効率よく加熱し、2本のプルローラーで引っ張りながら圧着するため、反りの少ない美しい仕上がりが実現できます。仕上がりにこだわる方、お仕事でラミネートを使われる方にはこの方式がおススメです。また安定した熱供給ができるため、一度に大量の加工をされる方、250ミクロンなど厚いフィルムを加工される方にも最適です。

・逆回転機能

 逆回転機能とは、万が一フィルムがローラーに巻きついてしまった時や、投入したフィルムが出口から出てこないと気付いた時に、ローラーを逆回転させて、フィルムを取り出す機能の事を言います。ラミネーターの故障で最も多いのが巻き込み故障で、原因の多くはフィルムを逆から(開いている方から)ラミネーターに通してしまうことと、正しく紙をセットしていないことが挙げられます。一度巻き込んでしまうと簡単には取り出せないため、有料修理になってしまう場合が多々あります。逆回転機能がついていれば、途中で失敗に気付いてもすぐに対処でき、安心してお使い頂く事が可能です。フィルムを全て巻き込んでしまった場合は、逆回転機能だけでは取り出せない可能性があります。

・温度調整

 温度調整機能は、ほとんど全てのラミネーターに装備されている機能で、フィルムや加工物の種類によって温度の設定を変更する事ができます。一般に白っぽくなる場合は温度を上げ、波打ったように凸凹ができる場合は温度を下げて使用します。フィルムや紙の種類に応じた最適温度は、各機種によって異なりますので、取扱説明書や本体に記載されている目安を参考にしましょう。

・ウォームアップ時間

 ラミネーターはアイロンのような電熱器ですので、温まるまでにやや時間を必要としとます。このウォームアップ時間は、ワット数やローラー本数、ローラーの太さなどによって変化します。また、周囲の温度によっても大きく異なり、気温の低い冬季はウォームアップ時間が長くなってしまいます。機種によって異なりますが、ウォームアップが終わって準備完了となると、ランプが点灯したり、ブザー音が鳴ってお知らせする機能など様々あります。

おすすめWEBサイト 5選

msh株式会社の評判
https://togetter.com/li/1038512

2017/1/24 更新

Copyright (C) 2008 ラミネート工房. All Rights Reserved.